Keziah Jones – African Space Craft

Keziah Jones - African Space Craft

African Space Craft』は、キザイア・ジョーンズ(Keziah Jones)の2枚目のスタジオ・アルバム。1995年にリリースされた。ナイジェリアの豪富の子息にして幼少児に英国留学、その後音楽にヤラれてドロップアウトという経歴を持つキザイア・ジョーンズ。
デビュー・アルバム『Blufunk Is A Fact』では、シンプルながらもブルース、ロック、ソウル、ファンクのエッセンスを独自に昇華させた”Blufunk(BluesとFunkの合成語)”サウンドで聴く者の度肝を抜いた。本作ではロック色を強めたハードなサウンドが目立つ。ロック色を強めたは、Living Colour、Bad Brains、Sonic Youth作品なども手掛けたプロデューサーRon Saint Germainの影響かが大きい。当時のアメリカのオルタナ・ロックからの影響も感じられる。
ブルースとしては、ギターにFuzz系・歪み系の音が入り、ファンクとしては、単なるファンク的なリズムに、アフリカ的な民族音楽的なグルーヴが、織り込まれている。基本的にはテイストは前作とは変わらないが、中でも冒頭のMillion Miles From Homeの出来栄えは突き抜けている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です