Othello – Alive At The Assembly Line

Othello - Alive At The Assembly Line

Alive At The Assembly Line』は、ポートランドを拠点に活躍するヒップホップグループ、LightheadedのMCのオセロ(Othello)のソロ/アルバム。2006年のリリース。
ポートランドのHip-HopバンドThe Black Notes(ザ・ブラック・ノーツ)を従え、究極のライブ・ミュージックをデリバリーしている。The Black Notesによる生音演奏を取り入れた曲が半分、残り半分がサンプリングを主体としたもの。Othelloと共に、このライブ・ミュージックのクリエイトに大きく貢献しているのが、注目のヒップホップグループProcussionsのStro the 89th Keyである。
ヒップホップ、クラブジャズ、オーガニックソウルなど、クロスオーバーな姿勢で音楽を展開し、表現力豊かなヴォイスで魅了するオセロ。卓越した演奏技術をもつバックバンド、The Black Notesの生演奏にのせておくるソウルフルなナンバー。
ドラムス / ベース / フェンダー・ローズ / トランペット / サックスからなるライブジャズトラックと、Stro the 89th Key、Mr.J.Medeiros、Ohmega Watts、Illmind が手掛ける洗練されたお洒落なアーヴァンなトラック群は、ヒップホップの枠を超えた魅力に満ち溢れた一枚。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です