Led Zeppelin – Led Zeppelin I

Led Zeppelin - Led Zeppelin I

レッド・ツェッペリン I』(LED ZEPPELIN)は、イギリスのロックバンド、レッド・ツェッペリン(Led Zeppelin)のデビュー・アルバム。1969年1月12日発売。プロデューサーはジミー・ペイジ、レコーディング・エンジニアはグリン・ジョンズ。
1968年夏、イギリスのブルース・ロック・グループ、ヤードバーズからキース・レルフ及びジム・マッカーティーが脱退し、残された2人のうちクリス・ドレヤも写真家に転向することを決意した。ただ1人残ったギタリスト、ジミー・ペイジは、バンド名の継承権を得るとともに、ヤードバーズが契約していたスカンディナヴィアでのツアーを実施する責務を負わされることとなった。ペイジは急遽、セッション・ミュージシャンとして令名高かったジョン・ポール・ジョーンズ、若手の無名ヴォーカリストであったロバート・プラント、同じく若手の無名ドラマーであったジョン・ボーナムをメンバーとするバンドを結成し、「ニュー・ヤードバーズ」の名でツアーを行なった。10月19日をもってバンドは「レッド・ツェッペリン」に改名、同月にロンドンのオリンピック・スタジオで、最初のレコーディングを開始。

ペイジは本作で「ヤードバーズ時代から温めてきた沢山のアイディア、それに加えブルース、ハードロック、アコースティックサウンドを合体させた、未知の音楽を作り出したかった。さらに“音楽の光と影”を表現したかった」と語っている。また「誰も使ったことのないコントラストを用いるため、なるたけアンビエンスを取り込みたかった」とも語っているように、本作ではバックワードエコーを用いた間隙を生かした空間感覚の演出に特徴がある。その空間感覚を生かすため、本作に関しては最初からステレオ版のみでのリリースとなった。
表ジャケットは、燃え落ちるツェッペリン飛行船ヒンデンブルク号(ヒンデンブルク号爆発事故)の写真を点描したものになっている。手がけたのは、当時ロイヤル・カレッジ・オブ・アートの学生だったジョージ・ハーティ。なお、表ジャケットのバンド名のロゴは通常オレンジ色だが、イギリス初回盤は青色であり、数千枚しかプレスされなかった事もあり希少アイテムとなっている。

リリース当時、音楽評論家達の本作に対する評価は概ね厳しいものだった。「ロックミュージックが転換期を迎えている事を印象付ける作品」と評したOz誌や、「一瞬たりともダレる事がない」と評したビート・インストゥルメンタル誌のように好意的に評価したプレスもあったが、ローリング・ストーン誌は「このバンドが伝えている事は、3ヶ月前にジェフ・ベック・グループが表現していた事と変わらず、しかもそれより上手くない」とこき下ろした。しかし、その後バンドが成功し、年月が経つにつれ本作の評価は高まっていき、現在では『ローリング・ストーン誌』の「オールタイム・ベスト・アルバム500」(大規模なアンケートによる選出)と「オールタイム・ベスト・デビュー・アルバム100」に於いて、それぞれ29位と72位にランクインしている。

「ブルースを基礎として、ギターによるリフの上にシャウトするヴォーカルを被せる」という音楽のスタイルは、クリームとジミ・ヘンドリックス、そして直接的には第1期ジェフ・ベック・グループが先鞭をつけていた。彼らとツェッペリンの大きな違いは、彼らがあくまでブルースを基盤にした演奏であったのに対し、ツェッペリンはブルースから一歩距離を置き、それを素材にオリジナルの加工を施して新たな音楽として提示した事にあった。ペイジが後年「1stに全てがあり、後はそれをどのように発展していくかだった」と語っているように、ツェッペリンのスタイルは本作で確立していたと言える。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です