Booker T. & The MG’s – Green Onions

Booker T. & The MG's - Green Onions

Green Onions」は、60年代のメンフィスをはじめ、スタックスが生んだ最強のR&Bリズム・セクション、Booker T. & The MG’sの62年に制作されたデビュー・アルバムにしてインスト・アルバムの最高峰作品。
ブッカー・T&ザ・MG’s (Booker T. & the M.G.’s) は、アメリカ合衆国南部テネシー州メンフィスにて結成されたソウル・ミュージックのインストゥルメンタル・グループ。
「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第93位。
このアルバムに収録されているデビューシングル「グリーン・オニオン(Green Onions)」は、『アメリカン・グラフィティ』(1973年) - 最後のハリソン・フォードが出てくるカー・レースのシーン – や『さらば青春の光』(1979年)など、映画の挿入歌や様々なBGMとしてもよく利用されており、誰でも一度は聞いた事のあるであろう、有名な楽曲。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です