Killer Meters – A Tribute To The Meters

Killer Meters - A Tribute To The Meters

ニューオリンズ・ミュージック・シーンの伝説的グループであり、「セカンドライン・ファンク」の創始者としてファンク/レア・グルーヴ・ファン達に熱い支持を受ける一方、膨大なサンプリング・ソースの源としてネタ師たちからも重宝されるMeters。James Brown周辺と並んでヒップホップ世代に与えた影響の強さたるや想像に難くないが、そんな偉大なるMetersが好きで好きでたまらないNick Hearsch(g)、Kevin Gunes(b)、Henry Broadbent(Hammond Organ)、Virgil Howe(D)という4人のUKの若者達が結成した「Killer Meters」、そしてその尊敬の念を込めてカヴァーしたのが本作「A Tribute To The Meters」。2004年のリリース。
トラック通り、デビュー曲”Sophisticated Cissy”や”Cissy Strut”、”Handclapping Song”、”Cardove”、”Same Old Thing”などの代表曲を、まるでMetersの演奏をなぞる様にゆったりとしたグルーヴで大胆カヴァー。女性Vo入りの”Just Kissed My Baby”はフロアでも受けそうだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です