Robert Palmer – Sneakin’ Sally Through The Alley

Robert Palmer - Sneakin' Sally Through The Alley

Sneakin’ Sally Through The Alley』は、イギリスのミュージシャン、ロバート・パーマー(Robert Palmer)のソロ・デビューアルバム。1974年にリリースされた。
バックを務めるのはリトルフィートのLowell George(ローウェル・ジョージ)とMeters(ミーターズ)を中心としたメンバー。全編アメリカン・ルーツ・ロックがスパイスとして効いたファンクが満載。
早くからニューオーリンズ・ソウルに注目していたパーマーらしく、1曲目の“Sailing Shoes”からAllen Toussaint(アラン・トゥーサン)の名曲でLee Dorsey(リー・ドーシー)も歌った“Sneakin’ Sally Thru The Alley”まで、ノンストップでセカンドライン・ファンクが続く。全体的にはロックよりも、ソウル・ファンク色が強く感じられるが、音のバランスや録音の仕方などはロックのアプローチも感じられる。英国人視点のセカンドライン・ファンクという屈折した感じが面白い。
彼のR&B、ファンク、レゲエ、そしてロックの影響を魅力的に融合して作り出されたサウンド、そして繊細さを表現するまれなスキルを初めて披露した作品であり、特徴的な作品。
ニューオーリンズ、特にアラン・トゥーサン、から発せられた特有のソウルに対するロバート・パーマーの愛情がこの作品ではむき出しになっている。タイトル・トラックと記憶に残る「From A Whisper To A Scream」の2曲はカヴァー曲。アルバムのその素晴らしいサウンドには、数年前にニューオーリンズから出現したミーターズも貢献している。イギリス人のジム・ミューレンとサイモン・フィリップスも参加している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です