The Budos Band – The Budos Band III

The Budos Band - The Budos Band III

スタテン島をベースに活動するファンク・バンド、ブドス・バンド(The Budos Band )の3rdアルバム。2010年8月10日にリリースされた。
昨今のブルックリン・シーンを牽引するボスコ・マンとTNTがプロデュース。録音はHouse Of Soul Studio。まさにボスコマン印のレイドバックしつつも抜けのイイ音に白旗を挙げざるを得ない、中毒性の高い一枚。
彼らならではのアフロ・フレイヴァーも最高にかっこよく、ここ最近のインスト・ファンクものの中でも、個性、完成度の点で群を抜いてる。
アフロで、サイケで、オリエンタルな独特のファンク・グルーヴを満載したインスト・アルバム。チープなシンセ/オルガンやサーフ・ロックンロール的なギターやワールド・ミュージックっぽいパーカッションなどが繰り出すなんとも粘っこいリフをバックに、5管がフロントで暴れる、と。どの曲もそういう同じツクリだが、妙な吸引力がある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です