Madhouse – 8

Madhouse - 8

プリンス(Prince)のサイド・プロジェクト、マッドハウス(Madhouse)が残した2枚のアルバムの内の一つが、本作『8』。1987年にリリースされた。
80年代のプリンスは、その溢れ出る創作力を自身の作品のみでは処理しきれず、アウトプットの手段として様々なサイド・プロジェクトを立ち上げた。
このマッドハウスは、ザ・ファミリー解散後にプリンスが新たに立ち上げたプロジェクトで、87年に2枚のアルバムを残している。メンバーは、ザ・ファミリーからの続投となるサックス奏者、エリック・リーズ以外はよく分からないが、プリンスがメインで制作しているのは間違いないとして、おそらく当時のツアー・メンバーも演奏に加わっているのだと思われる。
プリンス流の一筋縄ではいかないアーバンかつストレート・アヘッドな楽曲〜ジャズファンク〜神妙なコンテンポラリー路線まで揃っている。
当時のプリンスはジャズへの傾倒を深めていたと言われ、『Around The World In A Day』や『Parade』でもその一端が垣間見れるが、この頃からエリック・リーズやアトランタ・ブリスがレコーディングやツアーに加わったことや、シーラEからの影響も大きかったと思われる。
このマッドハウスの2枚のアルバムは、そんな当時のプリンスの志向が顕れた作品で、一言で言ってしまえばプリンス流ジャズ・アルバムだが、2003年の『N.E.W.S.』にも地続きになっているような、簡単にジャズにカテゴライズするのは抵抗のある作品。87年と言えばプリンス全盛期、『Parade』や『Sign Of The Times』にも共通する独特なムードがマッドハウスにも濃厚に充満しており、アルバムのそこかしこにプリンス・サウンドの刻印がベタベタと押されている。
『8』は全8曲。収録曲は1曲目から順番に「One」から「Eight」まで数字のみのタイトルが付けられているのも、匿名的なプロジェクトであることを印象付けている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です