Joe Jackson – Night And Day II

Joe Jackson - Night And Day II

Night And Day II』は、イギリスのロックミュージシャン、ジョー・ジャクソン(Joe Jackson)の 16枚目のソロ・アルバム。2000年にリリースされた。彼の最大のヒットアルバム、”Night And Day”(1982年)から18年後、”Night And Day”のスタイルを再考し、さまざまなキャラクターを通して見たニューヨークシティのライフスタイルについての曲を作り上ている。
クラシックの世界へ向かってたジョー・ジャクソンが、再びロックな世界に戻ってきた作品。
オリジナルの”Night And Day”は「TV Age」、「Cancer」、「Real Men」などの曲を通じて都市生活の没落を風刺的に見ていたが、”Night And Day II”は主に都会の暗い生活に焦点を当てている。たとえば、「Happyland」という曲は、ジャクソンが当時ニューヨークに住んでいたシニカルなニューヨーカーの目を通して見られた、ブロンクスのハッピーランドソーシャルクラブでの1990年の放火事件に関するもの。
表紙のアートワークは、ニューヨーク市のキャブ内から撮影された暗い夜間のショットで、世界貿易センターが手前にあり、9/11の 1年前に撮影されている 。
音像はGraham Maby(ベース)とSue Hadjopoulos(パーカッション)の貢献が大きい。また、3人のゲストボーカリスト、イランの歌姫スッサン・デイヒム、ドラッグパフォーマーのデール・デヴィア、マリアンヌ・フェイスフルが参加している。
本作はとても内省的。だが冒頭の数曲へ代表されるように、決してセンチメンタルな憐憫には浸らない。あくまでも全体はキャッチーなムードに覆われている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です